高橋一生の子役時代写真と画像!出演作品は?

さて、今やテレビに引っ張りだこの高橋一生さんですが芸能界(役者)としての

人生はとても長いんだそうな。子役時代の高橋一生さんも気になる方もいっぱい

いらっしゃるんじゃないでしょうか??役者はもちろん、声優もされています。

さて、そんな高橋一生さんの幼い頃に出演していた作品なども含めてご紹介して行きたいと思います!

高橋一生の子役時代写真と画像!役者スタートの時期!

高橋一生さんは内気な性格で周りになじむことができなかったんだそうな。

そんな高橋一生さんを見て祖母は、児童劇団に入団させます。

これが高橋一生さんの役者人生スタートになるわけです!当時8歳でした。

劇団で一生懸命頑張る高橋一生の姿に祖母は大変喜ばれたと言います^^とてもほほえましい話ですね!

 

高橋一生さんは兄弟が5人いるそうですが、後の4人は劇団に入ったのか気になったので

調べて見ましたがどこにも情報はありませんでした。

弟さんはミュージシャンらしいですし、もしかしたら高橋一生さんだけだったのかもしれませんね!

高橋一生の子役時代写真と画像!デビュー作品は??

1990年に映画初主演になる「星をつぐもの」に出られています。

ビートたけし初プロデュースとなる作品です!遠藤正平役をわずか10歳で演じていました。

習い事がなかなか続かない高橋一生だったそうですが、発表会の時に来てくれる祖母が

とても嬉しそうで演劇だけは続いたそうですね!!

この時は10歳でしたが、今やあの小さい子が有名な俳優さんになって…なんて

この頃を知っている方は思うのではないでしょうか^^

ビートたけしさんの初プロデュースに出たなんてなんだかとっても記念すべきな作品になっていいですね!

私だったら自慢してしまいそう(笑)

Sponsored Link

高橋一生の子役時代写真と画像!声優に挑戦!

15歳の時には、声優としてジブリ作品の『耳をすませば』で天沢聖司役を演じます!

主人公の少女・雫と恋に落ちる美少年という重役ですよ。映画を見直して見ましたが、声変わりをする前みたいなので

声は今の面影は全くありませんでした(笑)ただエンドロールにはしっかり名前を確認しましたよ!

こちらがその動画、良かったらご覧ください!

耳をすませばはたくさん見た映画だったのですがこんな身近に高橋一生さんがいらっしゃったなんて私自身驚きました(笑)

1991年にはジブリ作品の『おもひでぽろぽろ』にも声優として名を連ねています。役名まではわかりませんでした;

高橋一生の子役時代写真と画像!出演作品は?のまとめ

まとめ
  • デビュー作がビートたけし初プロデュースの「星をつぐもの」
  • 児童劇団に8歳の時に入ったのが役者人生のスタート時期だった。

高橋一生さんはとても魅力的な演技をされ、カメレオン俳優とも

言われていますね。その役者の歴史は8歳から。私は物事が長く続かないタイプだったので、

尊敬しています。でも色々続かなくて、続いたのが役者だって言うのはもう導かれたかのように

思いますね!続けるだけあって高橋一生さんも演技が好きなのではないでしょうか^^

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください