コロナの収束見込みはスピリチュアルではいつまで?占い師や予言など!

コロナの収束見込みはスピリチュアル観点ではいつまでなのでしょうか?占い師や予言など気になりますよね!

今やコロナは全世界で健康、経済、精神へと大打撃を与えています。

テレビでは専門家の方々がいつ収束するのかどうかについては色々な意見を述べてくださっていますが、スピリチュアル観点からみたらいつまでなのでしょうか?

記事にまとめてみた!

 

スポンサーリンク



コロナの収束見込みはスピリチュアルではいつまで?占い師ゲッターズ飯田さんでの観点!

コロナ 収束見込み スピリチュアル

コロナの収束見込みはスピリチュアルではいつまで?占い師での観点でご紹介します。

ゲッターズ飯田さんによる占いの内容です!

 

占い上、新型コロナウイルスの収束はまだ先となりますが、4月末から5月頃に節目を迎えます。自宅にいる時間を利用して、新しい時代への生き方や考え方を変えていくことは良いのかもしれません。

2002年11月から2003年7月まで流行した「新型SARSコロナウイルス(SARS-CoV)」とよく似ている配置。また「天平の疫病大流行」で大仏を建てた後に静まったという話もあり、科学が発展した現代社会においても「大仏を建てよう」と機運が高まっているそうです。

 

ゲッターズ飯田さんによると4月末から5月頃に節目を迎えるそうですね!4月も中盤戦に入ってきた今そろそろなのでしょうか?

ゲッターズ飯田さんの「2020年占い」

コロナ 収束見込み スピリチュアル

2020年について、ゲッターズ飯田さんは「ライブ配信の年になる」と占っていました!!

今おうちにいる方が多い中、お仕事も自粛してたり、皆さん何かできることはないかと、アーティストを始めたくさんの人がライブ配信をしていますね!

 

その象徴なのがリモートワークによるライブチャット「ZOOM」!!

もう使っている人も多いのではないでしょうか?

 

これからはコロナ関係なく人と遠距離にいながらコミュニケーションするスタイルが、一般的になっていくそうです!

新しいビジネスがどんどん生まれそうですね!

今やダンスレッスンやら接客業もリモート形式にして取り組んでいるところが少しずつ増えてきています!

あの人から習いたい!でもお家から遠すぎて通うのは大変。。。そんな時もリモートなら習うことが可能に!

これは実は素晴らしいことなのかもしれませんね!

 

コロナウイルスによって、時代の価値観や常識が一気に崩れていくかもしれませんね!

 

コロナの収束見込みはスピリチュアルではいつまで?江原啓之さんの観点!

コロナ 収束見込み スピリチュアル

コロナの収束見込みはスピリチュアルではいつまで?江原啓之さんの観点からご紹介していきたいと思います!

スピリチュアルカウンセラーの江原さんがコロナの収束の見込みについてはお話しされていませんでしたが、4月2日のラジオでコロナについてコメントされています!

 

コロナウイルスのニュースが連日報道され、気分が塞いでいる方も多くいると思います。確かに苦しみというのもあると思います。感染されたり、お亡くなりになった方は大変気の毒。ここから先、感染していない方たちにおいては、その“恐れ”というのは“個人の都合”によることだと思うのです。自分の都合に合わないことを苦しんでいるだけ

ウィルスの都合に合わせていない。ウイルスの都合の方に合わせれば、何も怖くない。別の視点で“国破れて山河在り”という言葉がある。テレワークができる人はテレワークができる。一番素朴でシンプルな生き方にしているだけなんですよね。満員電車に乗って、怒鳴り合ったりする。会社に行ってストレスのなかで、食べる物も意識せず、ただ栄養を詰め込んだり。そんな中で今、食べる物も自己免疫力を上げる物を食べたりと、食べ物を見直す機会にもなる。ちょっと郊外に住んでいる人であれば、(毎日の通勤の必要がなくなり)一番健康的な暮らしになっているだけ。本来の人間の生き方を教えてもらっているだけだと捉えれば、この苦難もまた実になるのだと思うのです。今まで自然界を無視して、都合だけで世の中を動かしてきたということが明かされたのだと私は思うのです

 

今家にいる方は前よりはとても健康的な生活になっているように感じます!

外食も制限された今、自炊する人も大変増えたと思います。

 

満員電車のストレスなども感じることもなく精神的にもとても健康的になってきたのではないでしょうか!

今の現状は、食事や仕事のあり方これからの人生など改めて考え直すきっかけなのかもしれないですね!

お子さんと過ごす時間、家族と過ごす時間が増えた方も多いのではないでしょうか!

スポンサーリンク



コロナの収束見込みはスピリチュアルではいつまで?占い師のレイコ・ローランさん占星術からの観点!

コロナ 収束見込み スピリチュアル
ファッション雑誌「 eclat(エクラ)」に掲載された内容です!
~天体の動きからご紹介します!~

占い師のレイコ・ローランさんです!

 

本当に収束してくるのは1年以上かかるそうなのですが、少し「落ち着く」のはいつなのか?

占星術的な観点から見ると、”7月の上旬あたり”なのではないかなということだそうです!

 

私のお世話になっているヒーラーさんも7月上旬に少し落ち着くとおっしゃっていました!これはワクチンができて皆んなの希望が少しでき始め落ち着くということみたいで、完全な収束ではないそうです!

 

世界的に猛威を振るい始めたことがはっきり分かったのが、やはり土星がみずがめ座入りした3月19日前後でした。
その土星が、いったんやぎ座に戻るのが7月頭なのです。
そうすると、やぎ座的な”アンダーコントロール”感がもう一度、戻ってくるのではないかと思うのです。

 

7月上旬あたりから、今よりもより明確な対策などがはっきりしてくるそうなんです!

精神的にはとても落ち着き始めるそうですよ!

 

ただ実際ならオリンピックをやるはずの時期。

そしてその星周りが土星がやぎ座、そこに加えて火星が牡羊座でアスレティック、金星がふたご座でコミュニケーションが盛んになると言ったもの!
「オリンピックは盛り上がる!」と予想されて盛り上がっておりましたが、

 

今コロナがある状況だとオリンピックとすり代わり、”医療オリンピック”ということになるだろうということです。

今現在もそうですよね。。。

 

2020年12月の中旬には、もう一度土星がみずがめ座に入りなおしますし、今から3年後の、2023年の4月あたりには一番遠い外惑星、冥王星が水がめ座入りしますから、”新しい世界”はそのころから、固定化されます。

今は、”新しい世界”に向かっていくときの、一時的なショックであり、痛みを伴う序章であると言えると思います。

 

本当に希望の現実が訪れるのはもう少し先の未来になりそうですね!!

ですが暗い気持ちのままではもったいないので、コロナが収束して開けた後のことを考えながら過ごすことを意識できたらいいのかもしれませんね!

ここは世界中で耐えて、変化する時なんだということなんでしょうね〜!

 

コロナの収束見込みはスピリチュアルではいつまで?スピリチュアルカウンセラー並木良和さん

コロナの収束見込みはスピリチュアルではいつまで?スピリチュアルカウンセラーの並木良和さんのコメントです

コロナの収束時期のコメントはされていなかったのですがコロナウイルスの話をされていたのでご紹介します。

2020年と2021年が大激変の年になると言われています。

 

こちらの動画を見て頂くとよくわかるのですが。

ウイルスというのは私達の進化させるためのものだとおっしゃっています!

 

このウイルスにより、自分と向き合わざるおえない状況を作り考えを変え進化していく必要があるということなんですね!

今まで国などでバラバラになっていたところが今はコロナウイルスで全員が協力せざる追えない状況になっているもんね!

 

分離された意識を一つにまとめていくということが起こっていくそうなんだそうです!

目に見える形で世界が動いていくと変わらざるおえないですからね!

今は産みの苦しみというか、辛い時期ですがこの戦いが終わるとまた新しい世界が待っているということですね!

コロナの収束見込みはスピリチュアルではいつまで?スピリチュアルな予言シルビア・ブラウンの観点!

コロナ 収束見込み スピリチュアル

コロナの収束見込みはスピリチュアルではいつまで?シルビア・ブラウンの観点からご紹介していきます!

スピリチュアルな予言をされる方なのですが、2008年に出版した本にコロナウイルスについてと思われる箇所がありました。

2020年頃、深刻な肺炎のような病気が世界中に広まるだろう。その病気は、肺と気管支を攻撃し、あらゆる既存の治療法に抵抗する。しかし、病気そのものよりも不可解なのは、その病気が忽然と姿を消すという事実の方だろう。その病気は10年後に再び現れ、永遠に姿を消すだろう

細かい収束時期は書かれていませんが、10年単位の予言ですね!本当にコロナウイルスを言い当てたようですごい!><。

姿を消すというのはなんで突如なんでしょうね!

私たちが変わらない限り続くのかもしれないですね!

コロナの収束見込みはスピリチュアルではいつまで?占い師や予言などまとめ

コロナ 収束見込み スピリチュアル

まとめ
  • ゲッターズ飯田さんによると、新型コロナウイルスの収束はまだ先となりますが、4月末から5月頃に節目を迎るということ。
  • ゲッターズ飯田さんによると、2020年は「ライブ配信の年になる」!(zoomなどのリモートワーク)
  • 江原啓之さんはウイルスの都合に合わせ、健康を見直す時!今まで自然界を無視して、都合だけで世の中を動かしてきたということが明かされたということ。
  • 占い師のレイコ・ローランさんは本当に収束してくるのは1年以上かかるそうなのですが、少し「落ち着く」のは占星術的な観点から見ると、”7月の上旬あたり”とおっしゃっている。
  • スピリチュアルカウンセラーの並木良和さんは2020年と2021年が大激変の年とのこと。ウイルスというのは私達の進化させるためのもので分離された意識を一つにまとめていくということこれから起こっていくそうなんだそうです!
  • シルビア・ブラウンはコロナウイルスが忽然と姿を消し、10年後に再び現れ、永遠に姿を消すだろうと予言している。

スピリチュアル観点から見ていくととても面白い見方ができますね!

今こそ私達の考えが生活が変わる時なのかもしれません!みんなで一つになる時なのかもしれませんね!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください